遮熱ってご存知ですか? その2


こんにちは、寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

冬の鍋では、塩ちゃんこ鍋が一番好きな営業の西田です。

前回は、屋根や壁から太陽の熱が侵入してくるので、それを跳ね返すのが遮熱です。

という説明でしたが、実は屋根や壁よりも熱が侵入してくる部分があります。

まずはこちらをご覧ください

a0236998_121103.jpg



これを見ると一目瞭然

窓からの熱の侵入が一番多いことがお分かり頂けると思います。

この窓からの熱の侵入を遮るのは、窓ガラスの性能によって変わってきます。

そこで、ケントホームズが採用しているのが、Low-Eペアガラスです。

a0236998_12253332.jpg



このガラスは、2枚のガラスの間に乾燥した空気が入っており、ガラスの表面に遮熱効果の高い
特殊な金属膜を張っています。

特殊な金属膜により、太陽の熱を遮断し、紫外線カット効果もあるので、フローリングや家具の色褪せも
防げます。

また、乾燥した空気が入っているので、冬場の結露対策にもなります。

遮熱性・断熱性が高いので、夏は日差しをカットし室内は涼しく
冬は室内の暖気を外に逃がしにくくするので暖かくなります。

冷暖房効果もあがるので省エネ効果アップになります。

皆様、住宅建築の際には、窓ガラスにもこだわってみてはいかがでしょうか?

次回は、屋根や壁の遮熱対策についてお話しします。







PR.徳島の新築・注文住宅・コンパクトハウス・スキップフロア・分譲土地ならケントホームズ
[PR]
by kent-homes | 2011-11-26 12:38

ケントホームズスタッフによるブログ


by kent-homes
プロフィールを見る
画像一覧